スポンサーサイト

  • 2008.04.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


節税方法について詳しく・・・

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

ところで、問題はここからです。

有形固定資産は、年月が経過するのにしたがいまして価値が減少します。

たとえば、買ったときは新品でも、一度手にすれば中古となります。

その減少する金額を会計処理では、減価償却費といった科目で費用として計上することが認められています。


もうおわかりです。




万が一こういった購入した資産の減価償却費が、ひと月50万としたらどうなるでしょう。

先ほどういった資産を購入する前の利益300万円から、こういった50万円を差し引いて250万円が新たな税金の計算根拠となります。

こういった250万円の40パーセントである100万円が正しい法人税となります。

どうでしょう。

120万円から100万円になります。

月20万円も税金が安くなりました。

年間ならば240万円にもなります。

※減価償却費とは、有形固定資産である建物や建物に附帯する設備をはじめ機械や車両を対象に決められた年数で価値の減少分を計上する費用科目ですここで、新しく確かめてみましょう。

税金が安くなったかわりに、50万円分の費用も増えました。

けれども、貴方の金庫のお金も50万円少なくなりましたか?答えはイイエですよ。

では安くなった税金分20万円・・・貴方の会社の金庫のお金は、その分増えましたか?答えはハイですよ。


どうですか?工夫次第で、無駄な税金をカットすることができります。

こういうように、『どうすればお金が手元に残せるのか』。

をしっかり知らなければいけません。

実は、貴方にお教えする節税方法は、株式会社をやめてLLPを設立する方がよいなどといったものではありませんし、個人事業からLLPへの変更をお勧めしているわけでもありません。

税金がかからない起業方法と、一般的な起業方法の双方を活用することです




JUGEMテーマ:FX初心者



法人節税の考察

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

そのことを押えたうえで、LLPを活用するにはどうしたらいいか、具体例をあげて見ていきましょう。

[ところで、いよいよ佳境に入ってきました。

次からちょっと難しくなる可能性がありますが、説明ももう少しで終わります


ですので、ついて来てください。

]先に説明したように、LLP自体は、どのようなに儲かっても一切税金がかかりません。

そのまま利益を分配して、受け取ることが出来ますのです。

けれども、受け取った利益は、それ以外の収入と合算して申告する必要があります。

だから、コレだけは充分ではありません。

こういった課税制度を「パススルー課税」と言います。

一度でもLLPといった名前を聞いたことがある方なら、こういったパススルー課税をご存知でしょう。

ならば、こんな疑問をお持ち可能性があります。

「結果的に、LLPで事業をしても、納める税金は一緒ではないか?」と。



いいえ、そんなことはありません!何故なら、税金は税引き前当期利益に課税されるものであります。

実際の手持ち資金に対して課税されるわけではないのであります。


つまり、こういうことです。

こういった、『当期利益』。

がいま以上少なくなれば、納める税金も少なくなるといったことです。

もう少しわかりやすく説明しましょう。

ここに、税引き前利益が、月300万円の会社があるとしましょう。

こういった場合、月あたりの法人税は、40パーセントの約120万円と考えられます。

そこで、こういった会社で資産を購入したとしましょう。

そうですね、わかりやすく『建物』。

としましょう。

すると、お金が減少して資産が増えるわけだから、一見損したように思われる可能性があります。

しかし、出したお金分の資産は増えました。

専門的に言い換えれば、『流動資産の現預金が減少』。

し、それに変わって『有形固定資産が増加した』。

となります。





不動産所得節税をチェックする!

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

おわかりいただけましたか?株式会社の場合、税金は5200万円。

LLPのときは、2000万円。

その差額は、3200万円となります。

3200万円といえば大金です。


困りました、どうしましょう。




これほどに手元に残ってしまうのであります。

かつまた、こういった利益配分に関してもご説明していきましょう。

これまでの株式会社などならば、利益配分は出資金額により配分額が決められてしまいます。

けれども、LLPでは、出資金額に関係なく配分割合を独自に決めることが認められています。

ですので、す。

そうすると、出資額はわずかでも、『ノウハウを提供し、利益の配分は高割合』。

・・・といったことも可能になるでしょう。

つまり、すべて自由に決めることが出来ますのです。

こういうように、LLPこと『有限責任事業組合』。

は、

/醜陲靴覆てよい

⊃醜陲靴覆てよいといったことは、もちろん税金は0円

出資金額に関係なく配分割合を独自に決めることが認められている・・・

など、組織内の規則[内部統制]を自由に決めれるといった利点があります。

とはいえ、それだけで安心していてはいけません。

これらは確かに、他の起業方法にはありえない魅力的な部分です。

しかしですからといって、LLPを設立すればしたがってOK!・・・といったことでは、実はないのであります。


LLPは素晴らしい制度です。

しかしその制度を200パーセント活用する為には、設立後の運営方法も知っておかなければ、意味がありません。

最も節税効果がある方法とは、貴方が行なっている事業組織をそのままに、LLPを設立して事業を分散化する方法なのであります。


殊に、個人事業とLLPとに分散化するケースもあります。

またいくら事業を分散しても、個人より法人の方が節税効果があるケースなら、株式会社を設立して株式会社とLLPとに分散するのが、節税効果が高い方法です。

ただ、どちらにせよ、ここで覚えておいていただきたい重要なポイントは、’事業を分散する’といった考え方・・・です。




贈与税節税の真相

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

その起業方法は、2005年に経済産業省がスタートさせた、LLPこと『有限責任事業組合』といった組織で起業する方法なのであります。

こういった制度は、既に欧米では広く活用されている方法です。

最近10年間で、アメリカでは同様の方法で、約80万もの新たな事業体が設立されました。

イギリスでは2000年に始まり、1万を超える会社が設立されました。

日本では、制度が出来てわずか3ヶ月で、300人もの人がこういった制度を利用して、新たなビジネスを開始しました。

まさに最新の、世界的な広がりを見せている起業方法なのであります。

そうして、お教えする節税方法の2つのうちの1つはこれなのであります。


実は、コレがどのような節税方法よりも効果のある、正しい起業方法なのであります。

そこで、かつまた詳しく、こういった制度に関してご説明しましょう。

会社にすれば法人税として会社の収入に税金が課税されます。

かつまたその残った利益に対してはどうかといえば、分配された利益にも税金がかかります。

いわゆるそれが、二重課税です。

会社でいくら儲けても、最終的に受け取った分配金にも税金がかかってしまう。

コレでは、税金を払う為に借金をしなくてはならなくなります。



けれども、こういったLLP制度を利用して起業すれば、会社の収入にかかる’法人税’を一切払わなくて良くなります。

つまり、こういうことです。

既に存在する会社2社が、共同で株式会社を設立したとしましょう。

こういった共同で設立した会社に1億円の収入があったとすれば、まず1億円の40パーセントにあたる、4000万円を法人税として支払わなければなりません。

そうして、残った利益を折半して[1億円-4千万÷2=3千万]X40パーセント受け取った金額にも、法人税の40パーセントがかかります。

その金額は、上記の計算式の1200万にもなります[だいたいです]。

合計、5200万円もの税金を払わなければならないといったことです。

つまり、現実的に、儲かった半分以上を税金で持っていかれるといったことです。

ならば、LLPといった制度を利用して起業したとすればどうなるのでしょうか。

先ほどと同じく、既にある株式会社、法人2社が共同でLLPを設立したとしましょう。

まず1億円の収入に対しては税金は0円、まったくかかりません。


[2億円でも3億円でも同じです。

必要ありません]次に、残った利益を折半します。

こういった受け取った金額には法人税がかかります。

1億円の半分、5000万円の40パーセントですからその金額は、2000万円となります。

はい、どうでしょう。

それ以上はかかりません。





個人事業主節税の真実

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

けれども、株式会社にしても税金はかかります。

上の例でもわかるように、まるっきり0円にはなりません。

ちなみに、貴方にとって今一番の問題は、◎儲かった為に払わなくてはいけない税金に関してでしょうか。

それとも、◎個人事業者から法人に切り替えるべきか迷っているといったことでしょうか?これらはどちらも悩ましい問題です。

しかしどちらにせよ、そのまま放っておいたならば、税務署にいわれるがまま、高い税金を国に納めなくてはいけなくなってしまいます





これは、なんとかしたいですよ。

実は、世の中には色々方法論を持つ人がいて、ここでは書けないし、とうていおススメもできないような方法で節税しようとする人もいます。

しかし。

どのような『ウルトラC』。

の節税方法を取ったとしても、そうしてこれが税務署に認められたとしても、税金が0円になることはないですよ。


貴方も一度くらい、『事業をしていて、万一申告しなくてよくて、そうして税金も一切払わなくてよかったら、どのようなにいいか』。

・・・なんて、考えてみたことがある可能性があります。

もちろん、しっかり儲けているのにです。

そんな方法があったとしたら、いいですよ。

そこで、貴方にお聞きします。

もし、申告も税金も不要な方法と、これまでどおりの高い税金を払う方法があるとしたら、貴方は、どちらを選びますか?・・・当然、税金を払わなくても良い方法を選択するはずです。

何故なら、わざわざ払わなくてもいいものを払う人はいないからです。

でも実は・・・、先ほどういった『万一』。

は、本当のことなんです。


つまり、『もし、申告も税金も不要な方法があったなら・・・』。

といった部分。

そんな方法が実在するんです。

それに、完全に合法で。

実は、税金が0円の起業方法は、非常に簡単なんです。

それは、どのような方法なのでしょうか。

では、早速貴方にとって重要なことをお話しします。

それはまず、どのような節税方法よりも効果のある方法のひとつは『正しい起業方法を知ること』。


なのであります。
■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

JUGEMテーマ:経営者クラブ





FX節税の効果的な方法の口コミ

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

何故わたくしがそんな事を言うかといえば、長年会計に携わる仕事をしてきた経験から、いかに『こういった国の税金が高いか』。

といったことを知っているからなのであります。

まず、新規企業であれ、副業であれ、一般的な流れとしては個人事業でスタートする場合が一番多いのでありますが、その後、事業がおいおい軌道に乗り拡大すると共に、問題になるのが累進課税といった税金の計算方法です。


これは、収入が増えて行くのに比例して、段階的に税率が上がるといったものでありますが、これはたまったものではありません。

まさに、儲けた分そっくり税金で取れるようなものであります。

どういったくらいの税金を支払わなければならないかといえば、最高で収入金額の40パーセント近くも取られてしまうのであります。

かつまた、本来の税務署に支払う税金以外に、都道府県に事業税や市町村に市民税も支払わなければならないのであります。

これらを合計すると、なんと支払う金額は、儲けた内の50パーセント近くにもなります。



つまり半分以上も、そっくり取られてしまうといったわけなのであります

ところで、そんなとき、どうすれば高い税金を支払わなくてもよいのかを考えて見ましょう。

これまでならば、一般的に知られている節税方法としてこんな方法があります。

それは・・・ある一定の収入が増えた時点で、株式会社を設立して税金対策を行なうといった方法。

ところで、では、その節税効果はいくらくらいになるのでしょうか?万が一収入が1億円であったならば、個人事業者のままならば、4千5百万円強もの税金になるでしょう。

しかし、もし株式会社にしていたならば、4千4百万円弱となります。

個人事業者のまま事業を行うよりも、株式会社にするだけで約100万円の節税効果があるといったことがわかります。

つまり、それが誰でも知っている、よくある節税対策の方法です






サラリーマン節税のうわさ

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

ほんの少しの知識が、情報が、経営を楽にしてくれることがあります。

貴方も、税金のことで悩んでいませんか?

もし、以下のようなことを知ることができたら、それだけでどれだけ経営が楽になることか!

そうは思いませんか?

既に会社を経営していても税金を払わなくて良い方法とは?

個人事業者がいくら儲けても税金を払わなくても良い方法とは?

これまでにないまったく新しいビジネスチャンスを掴む方法とは?

既にある会社の利益を圧縮して税金を0円にする方法とは?

わずかな出資額で利益をがっぽり受け取る方法とは?

ローリスクでハイリターンを生むことが出来る究極の起業術とは?





これらに関して、『そんなことがあるわけない』。

と思われる可能性があります。

でも、構いません。

今は信じられなくても。

これらの情報は、約20年のキャリアから知りえた[知っただけでないです。

実務もわたくしが担当し、各役場へも何度もわたくしが足を運びましたから、『体得した』。

といっても過言ではありません]ことです。


しかし初めて耳にする方にとっては、なかなか信じがたいことでしょう。

しかし、これから順を追って’新しい起業方法と、新しい節税対策を組み合わせること’とはどういったことなのかを、ご説明していきます。

『詳しいことは、教材を買って読んでね!』。

・・・なんてことは、わたくしは致しません!こういったノウハウが、貴方に当てはまるのか?貴方にとって『使える』。

ノウハウなのか?しっかりとわかるように、これからご説明していきます。

くれぐれも、ご安心ください。

さて突然です。

しかし貴方のビジネスは順調ですか?『YES』。

と答えた貴方、それはなによってです。

です。

しかし単純に喜んでいるわけには行きません。

それは、せっかく儲けたお金を税金で取られてしまう事ほどつらいことはないからです。


JUGEMテーマ:経営者クラブ





相続税節税の真実

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

そうしてあるとき、そんな出会いの中で、わたくしはある方から相談を受けました。

その方、Iさんは、友人と2人でインターネットでのビジネスを始めたのでありますが、それが思いのほかうまくいき、株式会社を作ったそうです。

ただ、税金に困っているとのことでした。


Iさん「税金って思いのほか、高いですよ。

それに手続きが面倒だし「帳簿だ、申告だ」ってやらなきゃいけないことがたっぷりある。

」わたくし『そうですね、みなさん起業してから気づかれるんだけれども、税務はなにかと大層です』。

Iさん「加えて、税金って税務署しか思いつかなかったけど、市役所や地域事務所とかにも払わないといけないなんて、知りませんでした!せっかく儲けても、全部持っていかれるようなものであります」わたくし『税金は、利益に対して50パーセント近くにもなりますから。

でも確か、Iさんは個人事業から株式会社として、法人にされたんですよね?』。

Iさん『そうです。

個人事業のときに比べれば、法人にしてからはいくらか手元に資金が残るようにはなったのでありますが・・・。

したがっても、やっぱり税金が高いです。



それに・・・』。

わたくし『他にもなにか問題が?』。

Iさん『はい、実はこれから新たなビジネス展開を考えているんです。

しかしその為にこと改めて会社を作るとしたら、また、税務で手間がかかるばかりだな、と。

それを考えると、気が重くて』。

わたくし『なるほど・・・。

でも、それは簡単に解決できますよよ!’新しい起業方法と、新しい節税対策を組み合わせること’で税金も節税できるし税務もびっくりするほどカンタンになるでしょう』

Iさん『本当ですか!詳しくその方法を教えてください!!』。

・・・そこで、わたくしはIさんに、その方法を教えてあげました。

わたくしの話を聞くと大層驚いたIさんでした。

けれども、詳しい仕組みがわかると納得されて、すぐに実行に移されました。

そうして、しばらくしてかれから報告がありました。

『お陰様で、これまでには考えられないほどういった、多くのお金が手元に残るようになりました』。

かつまたは、『念願の新規事業をスタートさせることができました』


と。

もちろん、それ以来、Iさんから税金の愚痴を聞くことはなくなりました!こういったIさんのように、多くの経営者が、『出来ない』。

と思い込んでいるだけで、無駄なお金を払っていいるんじゃないでしょうか?そうして、そんな多くの経営者のことを考えると、『ちょっとした知識と工夫で、その悩みは消えるのに・・・。

相当に、もったいない!そんな思いがわたくしの胸によぎったのであります。

そうして、『わたくしが長年かかって培ったこういった知識を、皆さんの役に立てられないだろうか?』。

と、経理コンサルタントや税務顧問などを雇う余裕のない、設立間もない若い企業や、中小企業の経営者の方に、ぜひともお知らせしたい!と思いました。

そこで、こういったホームページを作ったのであります。






節税対策の効果的な方法

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

はじめまして。
「経営者・起業家に役立つ情報を提供するOFFICE−S」の杉本高広です。

わたくしは、自動車関連会社から大手宝飾商社、または大手上場流通会社、総合レジャー会社など20年にわたって、いろいろな会社の経理に係る仕事をしてきました。

実は’経理に係る’といいました。

けれども、とてもいろいろな仕事をしてきました。

ちょうど会社が大きく成長するときでしたので、例えば、こと改めて関連会社を設立するといえば、定款の作成から認証手続きまで行ないました。

ちなみに、わたくしはそのときに初めて『公証人役場』。

といったものを知ったのでありますが、いまでこそ笑い話になります。



けれども、近所の市役所の窓口で『公証人役場は何処ですか?』。

と聞いてしまったんです。

さすがに、これを思い出すと、自分でも可笑しくて笑ってしまいますが・・・、そういえば、こんなこともありました。

やっと会社を登記して、多くの官公庁や市町村に手続きを完了し、ほっとしていたのも束の間、突然、労働基準監督署から就業規定の提出がされていないとの連絡があったのであります。

さすがにコレは気が付きませんでした。

さっそく、実際の会社の規則を見本に、就業規則を作成して申請したのでした。

そうそう、そういえば社会保険の手続きも行ないました。

安月給だったわたくしは、それまで会社が契約していた社会保険労務士との契約を打ち切る代わりにその業務をわたくしがやることで、給料を上げてもらう約束をしたからです。

そのお陰で、もろもろ保険の手続きや給与計算までもできるようになりました。

そんなわけで、一般的な経理マンとは違って、机に向かってこつこつと事務仕事をするのみではなかったです。

そして、経理の枠を超えて、あれこれな業務を担当させてもらいました。

そのおかげで幅広い知識と経験を得ることが出来ました。


そして、多くの知人を得ることも出来ました。

それは、公認会計士・弁護士・監査法人・税理士・そうして多くの経営者の方々です。

そうして、多くの身になる話を、たっぷり聞かせて頂く機会を得ることが出来ました。

とても、ありがたいことです。

JUGEMテーマ:経営者クラブ





法人税節税の情報

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

『どのような方法よりも、効果のある節税方法』。

・・・そう聞くと貴方は、『一体どのような方法なんだろう!?』。

『きっと、素人ではわからない、ややこしく難しい方法なのに違いない』。

・・・と思われるのではないでしょうか。

しかし実は、非常に簡単な方法なのであります。

時間にして、わずか10分。

会社設立などういった経験や知識がない方でも、簡単に手続きできる書類が、すべてセットになっています




ですから、その書類一式に書き込んで、お近くの法務局の窓口に提出するだけでいいのであります。

ですから『10分で完了』。

してしまうのであります。

たったコレだけで、法人税もいらない、市民税もいらない、県民税も一切不要の会社の出来上がりです。

どうですか?驚きましたか?です。


しかしこれは明らか真実なのであります。

『けれども法務局ってなに?でどこ?』。

法務局をご存知ありませんか?これは、失礼しました。

法務局←をクリックすると、法務局のホームページが開きます。

貴方がお住まいの、お近くの法務局を探したいときは、ここでお調べ下さい。

ここで、会社の登記ができますよ。

『でもどうすればいいの?』。

まだまだ、ご心配ですか?ご安心下さい。

日常会話程度の日本語が話せれば大丈夫です。

法務局の窓口に行って『お願いします』。

こういった一言で完了です。

安心しましたか?誰にでも、簡単に出来ます。

これほどに簡単なのに、税金が一切いらない会社が出来るんですから驚きです。





categories
selected entries
archives
links
recent comment
recent trackback
zeikin
profile
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links