<< サラリーマン節税のうわさ | main | 個人事業主節税の真実 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


FX節税の効果的な方法の口コミ

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

何故わたくしがそんな事を言うかといえば、長年会計に携わる仕事をしてきた経験から、いかに『こういった国の税金が高いか』。

といったことを知っているからなのであります。

まず、新規企業であれ、副業であれ、一般的な流れとしては個人事業でスタートする場合が一番多いのでありますが、その後、事業がおいおい軌道に乗り拡大すると共に、問題になるのが累進課税といった税金の計算方法です。


これは、収入が増えて行くのに比例して、段階的に税率が上がるといったものでありますが、これはたまったものではありません。

まさに、儲けた分そっくり税金で取れるようなものであります。

どういったくらいの税金を支払わなければならないかといえば、最高で収入金額の40パーセント近くも取られてしまうのであります。

かつまた、本来の税務署に支払う税金以外に、都道府県に事業税や市町村に市民税も支払わなければならないのであります。

これらを合計すると、なんと支払う金額は、儲けた内の50パーセント近くにもなります。



つまり半分以上も、そっくり取られてしまうといったわけなのであります

ところで、そんなとき、どうすれば高い税金を支払わなくてもよいのかを考えて見ましょう。

これまでならば、一般的に知られている節税方法としてこんな方法があります。

それは・・・ある一定の収入が増えた時点で、株式会社を設立して税金対策を行なうといった方法。

ところで、では、その節税効果はいくらくらいになるのでしょうか?万が一収入が1億円であったならば、個人事業者のままならば、4千5百万円強もの税金になるでしょう。

しかし、もし株式会社にしていたならば、4千4百万円弱となります。

個人事業者のまま事業を行うよりも、株式会社にするだけで約100万円の節税効果があるといったことがわかります。

つまり、それが誰でも知っている、よくある節税対策の方法です






スポンサーサイト

  • 2008.04.18 Friday
  • -
  • 20:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
categories
selected entries
archives
links
recent comment
recent trackback
zeikin
profile
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links