<< 個人事業主節税の真実 | main | 不動産所得節税をチェックする! >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


贈与税節税の真相

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

その起業方法は、2005年に経済産業省がスタートさせた、LLPこと『有限責任事業組合』といった組織で起業する方法なのであります。

こういった制度は、既に欧米では広く活用されている方法です。

最近10年間で、アメリカでは同様の方法で、約80万もの新たな事業体が設立されました。

イギリスでは2000年に始まり、1万を超える会社が設立されました。

日本では、制度が出来てわずか3ヶ月で、300人もの人がこういった制度を利用して、新たなビジネスを開始しました。

まさに最新の、世界的な広がりを見せている起業方法なのであります。

そうして、お教えする節税方法の2つのうちの1つはこれなのであります。


実は、コレがどのような節税方法よりも効果のある、正しい起業方法なのであります。

そこで、かつまた詳しく、こういった制度に関してご説明しましょう。

会社にすれば法人税として会社の収入に税金が課税されます。

かつまたその残った利益に対してはどうかといえば、分配された利益にも税金がかかります。

いわゆるそれが、二重課税です。

会社でいくら儲けても、最終的に受け取った分配金にも税金がかかってしまう。

コレでは、税金を払う為に借金をしなくてはならなくなります。



けれども、こういったLLP制度を利用して起業すれば、会社の収入にかかる’法人税’を一切払わなくて良くなります。

つまり、こういうことです。

既に存在する会社2社が、共同で株式会社を設立したとしましょう。

こういった共同で設立した会社に1億円の収入があったとすれば、まず1億円の40パーセントにあたる、4000万円を法人税として支払わなければなりません。

そうして、残った利益を折半して[1億円-4千万÷2=3千万]X40パーセント受け取った金額にも、法人税の40パーセントがかかります。

その金額は、上記の計算式の1200万にもなります[だいたいです]。

合計、5200万円もの税金を払わなければならないといったことです。

つまり、現実的に、儲かった半分以上を税金で持っていかれるといったことです。

ならば、LLPといった制度を利用して起業したとすればどうなるのでしょうか。

先ほどと同じく、既にある株式会社、法人2社が共同でLLPを設立したとしましょう。

まず1億円の収入に対しては税金は0円、まったくかかりません。


[2億円でも3億円でも同じです。

必要ありません]次に、残った利益を折半します。

こういった受け取った金額には法人税がかかります。

1億円の半分、5000万円の40パーセントですからその金額は、2000万円となります。

はい、どうでしょう。

それ以上はかかりません。





スポンサーサイト

  • 2008.04.18 Friday
  • -
  • 13:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/04/15 10:21 PM
categories
selected entries
archives
links
recent comment
recent trackback
zeikin
profile
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links