<< 贈与税節税の真相 | main | 法人節税の考察 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


不動産所得節税をチェックする!

■税務申告不要 節税を超える 税金0円の勧め■FX事業必見<驚くほど簡単な設立方法から裏技まで

おわかりいただけましたか?株式会社の場合、税金は5200万円。

LLPのときは、2000万円。

その差額は、3200万円となります。

3200万円といえば大金です。


困りました、どうしましょう。




これほどに手元に残ってしまうのであります。

かつまた、こういった利益配分に関してもご説明していきましょう。

これまでの株式会社などならば、利益配分は出資金額により配分額が決められてしまいます。

けれども、LLPでは、出資金額に関係なく配分割合を独自に決めることが認められています。

ですので、す。

そうすると、出資額はわずかでも、『ノウハウを提供し、利益の配分は高割合』。

・・・といったことも可能になるでしょう。

つまり、すべて自由に決めることが出来ますのです。

こういうように、LLPこと『有限責任事業組合』。

は、

/醜陲靴覆てよい

⊃醜陲靴覆てよいといったことは、もちろん税金は0円

出資金額に関係なく配分割合を独自に決めることが認められている・・・

など、組織内の規則[内部統制]を自由に決めれるといった利点があります。

とはいえ、それだけで安心していてはいけません。

これらは確かに、他の起業方法にはありえない魅力的な部分です。

しかしですからといって、LLPを設立すればしたがってOK!・・・といったことでは、実はないのであります。


LLPは素晴らしい制度です。

しかしその制度を200パーセント活用する為には、設立後の運営方法も知っておかなければ、意味がありません。

最も節税効果がある方法とは、貴方が行なっている事業組織をそのままに、LLPを設立して事業を分散化する方法なのであります。


殊に、個人事業とLLPとに分散化するケースもあります。

またいくら事業を分散しても、個人より法人の方が節税効果があるケースなら、株式会社を設立して株式会社とLLPとに分散するのが、節税効果が高い方法です。

ただ、どちらにせよ、ここで覚えておいていただきたい重要なポイントは、’事業を分散する’といった考え方・・・です。




スポンサーサイト

  • 2008.04.18 Friday
  • -
  • 18:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
categories
selected entries
archives
links
recent comment
recent trackback
zeikin
profile
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links